スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

添え状は手書きが良いのか?

履歴書に同封する添え状、または送付状は、パソコンで作ったものよりも手書きの方が企業の人事担当者に好印象なのでしょうか?

パソコンで作ったほうが正確に美しく仕上がりますよね。
自分の字に自信がない方は特にパソコンで作成したい気持ちが強いでしょう。
ですが手書きのほうが心を込めたイメージもあります。
就職活動をする上で、一体、どちらが良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか?

実際は、パソコンで作成した添え状でも、手書きの添え状でも、どちらでも大丈夫なのです。
パソコンが普及した現在では、みなさんほとんどがパソコンで作成するようです。
誤字脱字もチェックできますし、何度も書き直す必要もなく、また就職活動で同じものを何回も使えるからです。

履歴書の添え状は、プライベート文章ではなく仕事上の文章です。
ビジネス文章の書式通りの書き方で、そのままパソコンで作るのがマナーだという人もいるでしょう。

ですが心を込めて丁寧に書いた手書きの添え状でも、どちらでも問題ないのです。
あまりに読めないような下手な文字を書く人は、一生懸命書いたとしても手書きのほうが返って印象を悪くする場合もあります。
また反対に、一生懸命に手書きで書いた丁寧な文字なら、気持ちが伝わり好印象です。
これは自分をアピールすることにもなりますね。
どちらかはご自分の判断で決めてよいでしょう。

ご自分で添え状を手書きする場合の書き方ですが、まず使う筆記用具は、黒色ボールペンなどを使いましょう。
また万年筆でも美しく書けると思います。
下手でも丁寧にゆっくりと読みやすい文字を書くことを心がけましょう。


履歴書の添え状とは

就職や転職に必要な履歴書ですが、最近は履歴書に「添え状」というものを同封して、人事担当者の気持ちを引きます。
履歴書の添え状は、別名「送付状」と呼ばれることもあります。
何かに応募する場合の大切な表紙となる書類なのです。
また会社側からしてみれば、会社宛に送られて来た書類を誰が開封したとしても、どの部署の誰宛の書類なのか、わかりやすいという利点もあります。

転職や就職活動をする場合、会社へ書類を提出する場合には添え状を付けます。
仕事上、取引先やお客様に何か書類を発送するときに送り状をつけますよね。
それが送付書類を直接ただ入れて発送するより印象が良いのは当然です。
送付状を同封することが当然のマナーとなっています
このように履歴書に同封する添え状も同じようなものと考えてよいでしょう。

履歴書に添え状が同封されていると、人事担当者はどう思うでしょうか?
「この人は、社会人としてきちんとマナーを持っている」という印象を受けるでしょう。
この点で自分をアピールすることにとても役立つのです。

添え状の書き方で大切なことは、どんなことでしょうか?
それは自分の長所を前面に出しながら欠点をそれとなくカバーするような書き方をするべきでしょう。
欠点さえもプラスに見せるくらいの気持ちで書きましょう。
例えば何にでも興味が出てしまう性格であったら「好奇心旺盛である」に変えたり、おしゃべりなら「社交性がある」など。
欠点といえる面でも他の面から見たらプラスに見えることもありますね。
フリーエリア
お勧めサイト
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。